家庭用太陽光発電・蓄電池をお探しの方に口コミでも評判のおすすめ業者を厳選してご紹介

V2Hとは?太陽光発電と組み合わせるメリットを紹介

公開日:

「V2H」とはVehicle to Homeの略称。Vehicle to Home(自動車から家へ)という名前のとおり、家庭の電気を電気自動車に蓄電し、必要なときに蓄えた電気を使用するシステムのことです。今回は、V2Hとは何か、導入するメリットなどの情報をお届けします!

電気自動車も進化している

日本でも国がZEH住宅を推進するなど積極的に環境への取り組みがおこなわれていますが、その一つとして、これまで太陽光発電システムは注目を浴びてきました。そして近年、創エネの部門でまた新たに注目を集めているのが「V2H」です。

冒頭でもご説明したとおり、V2Hとは電気自動車に蓄えた電気を家庭で使う仕組みのことです。

これまでの電気自動車は家から送られてきた電気を使って充電するのが一般的。充電方法は、自宅の家庭用電源(100V・200Vのコンセント)から充電するのが当たり前でした。

そもそも車から家に送電することができなかったのです。

しかしV2H機器は電気自動車に、太陽光発電で作り出した電気エネルギーを充電できる「蓄電池機能」を持たせることができます。一般家庭用の充電スタンドが登場してからは、電気自動車への充電はもちろん、給電ができるようになり、簡単に家庭用電源として利用できるようになりました。

これでますますエコと快適な暮らしの両立を実現できるようになったのです。はじめこそ家庭の電気を「消費するだけ」だった電気自動車ですが、電気を変換する技術、充電器や蓄電池自体の性能の向上などによって、今やクリーンエネルギーを上手に使うシステムの一つとして進化したと言えるでしょう。

V2Hの導入・太陽光発電と組み合わせて使用するメリット

電気自動車は決して安い買い物とは言えません。だからこそ購入するメリットも知っておきたいですよね。

電気自動車には大きく分けて4つのメリットがあります。

まず1つ目が「災害に強い」という点です。災害による停電発生時には、電気自動車に蓄電した分の電気を家庭に送って使用できます。

これだけでもしばらくは電気のある生活ができますが、何日も停電が続くとさすがに厳しいですよね。そこで太陽光発電と併用すれば、自宅で発電した電気エネルギーを電気自動車に溜めて使うことができます。

日中は太陽光発電で電気をまかない、不足分は電気自動車から補うことができれば、災害時の安心感が違います。

そして2つ目のメリットは「経済的である」という点です。電気代が安い時間帯である深夜に、あらかじめ電気自動車を充電しておき、電気代が高い時間帯に電気自動車から給電すれば電気代の節約につながります。

さらに太陽光発電で使用する電力を、電気自動車を経由してやりくりすれば、電気代はかかりません。余剰電力を電気自動車にまわせば、ガソリン代の節約にもなります。

3つ目にご紹介するのが「電気自動車ならではの機能性」です。実はV2Hは倍速充電できるものがほとんどで、家庭用のコンセント(200V)と比べても、充電時間が非常に短く済みます。

また、電気自動車には大容量の蓄電池が搭載されているので、停電状態でも気にすることなく家電製品を使えます。その容量は家庭用蓄電池と引けを取らないレベル。

家庭用蓄電池の容量は4~16kWhが平均的ですが、電気自動車の蓄電池は最低でも12kWhあり、車種によっては40kWhの大容量を誇るものもあります。むしろ家庭用蓄電池よりもパワフルに稼働できると言えるでしょう。

4つ目のメリットは「補助金や税金の優遇措置が多く安定している」という点です。家庭用蓄電池も補助金や税金の優遇措置が取られることもありますが、サポートをおこなっているときとおこなっていないときとがあり、かなりまちまちというのが現状です。

反対に電気自動車は、国や各自治体からの補助金・税金の優遇措置が多く、安定しています。国が電気自動車の普及を積極的に推進していることもあり、毎年補助をおこなっているようです。

ほかにも、県運営の駐車場を電気自動車なら半額で利用できるなど、細かいところですがうれしいサービスが受けられることもあります。

電気の使い方で使用するV2H機器が変わる

電気自動車を蓄電池の役割を持たせてくれるのがV2H機器です。

V2H機器には、非系統連系と系統連系の2種類があります。実は自宅に太陽光発電システムを設置しているかどうかや、電気の使い方でV2H機器の選べるタイプが変わります。

「非系統連系」とは、売電を目的とした太陽光発電をおこなう場合に最適です。

ただし、電気自動車から給電している間は、電力会社の電力供給を受けることができません。電気自動車からの給電量より使用量が上回ってしまうと、給電が停止し、電力会社からの供給に切り替わる際に瞬時停電が起こるため注意が必要です。

一方、「系統連系」とは太陽光発電をすでに設置しており、電気を自給自足している家庭に適しているタイプのV2H機器です。太陽光で発電した電気、電気自動車からの電気、電力会社からの電気を同時に使用することが可能です。

そのため、電気自動車と太陽光発電システムを組み合わせて家庭で利用したいという方は、系統連系がおすすめです。

まとめ

今回はV2Hとはなにか、V2Hと太陽光発電を組み合わせて使用するメリットなどご紹介しました。

電気自動車は高額なのが最大のネック。実際に電気自動車の価格を見て、思わず購入をためらってしまった方も多いはず。

しかし実際にさまざまな観点からV2H・電気自動車を評価してみればメリットも多く、価格以上の価値を見出せると言えるのではないでしょうか。V2Hは太陽光発電とも相性が良く、最初こそ費用はかかりますが、補助金など活用できるサポートも多いのでおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索