家庭用太陽光発電・蓄電池をお探しの方に口コミでも評判のおすすめ業者を厳選してご紹介

太陽光発電の維持費・ランニングコストを抑える方法とは?

公開日:2023/12/15

?

太陽光発電は、エコロジーとエコノミーを兼ね備えたエネルギー源ですが、ランニングコストや維持費は導入のハードルになり得ます。本記事では、これらのコストを最小限に抑えるための実践的な方法を解説。エネルギーコストを削減しながら、環境にやさしいライフスタイルを手に入れましょう。

太陽光発電の導入にかかる費用の目安

太陽光発電システムの導入費用は、システムの規模や選択する機器、設置場所などにより大きく異なります。

まず、家庭用の太陽光発電システム(出力3〜5kW程度)の場合、全体の費用は約200万円〜400万円程度となることが多いです。これは、太陽光パネル(太陽電池モジュール)の購入費用、インバーターの購入費用、設置費用、配線や接続費用などを含んでいます。

一方、商業用や産業用の大規模な太陽光発電システム(出力50kW以上)の場合、全体の費用は数千万円〜数億円です。この場合、土地の購入費用や土地の整備費用、設置費用などが大きな割合を占めます。

ただし、これらの費用はあくまで一般的な目安であり、具体的な金額は各種条件により大きく変動する可能性があります。

太陽光発電の維持費・ランニングコストの内訳

太陽光発電は、再生可能エネルギー源として人気があります。

しかし、導入後のランニングコストや維持費用について充分な認識がないと、予想外の出費に驚いてしまうでしょう。こちらでは、それらの主要な要素について詳しく解説します。

メンテナンス費用

通常、太陽光発電システムは、メンテナンスがほとんど必要ないといわれていますが、一部のメンテナンス費用は発生します。

インバーターの点検やパネルの機能検査などが含まれ、これらのコストは年間数万円程度を見込むとよいでしょう。

太陽光パネルの清掃費用

雨や風で自然に清掃される場合もありますが、とくにホコリや鳥のフンなどで汚れてしまう地域では定期的な清掃が必要です。

清掃作業を業者に依頼すると、1回あたり数千円から数万円が目安となります。

システム交換費用

通常、太陽光パネルの寿命は約25年とされています。

しかし、それ以前にインバーターなどの主要部品が故障することもあるでしょう。そのため、システム全体を長く使用するためには、部分的な交換費用を見越しておく必要があります。

固定資産税

太陽光発電システムを設置した場合、一部の自治体では固定資産税が課税されます。

その額は自治体や設置規模によりますが、数万円程度が一般的です。

各種保険料

火災や自然災害などによるダメージを補償するための保険も重要です。この保険料は年間数千円から数万円となり、保険会社や保険内容によって大きく異なります。

太陽光発電の維持費・ランニングコストを抑えるには?

太陽光発電の導入は持続可能なエネルギー供給を実現し、長期的には電力コストの節約につながります。

しかしそのランニングコストや維持費用を抑える方法を知っておくことは大切です。こちらで、その方法について詳しく説明します。

定期点検が無料の専門業者を選ぶ

太陽光発電システムは定期的なメンテナンスが不可欠で、そのコストはランニングコストの一部を占めています。

パネルの汚れや損傷、システムの故障を早期に発見し、修理や交換を行うことで、パネルの寿命を延ばし、効率的な発電を継続することが可能です。定期点検が無料の専門業者を選ぶことで、このメンテナンスコストを大幅に抑えることができます。

充実したアフターサービスを提供している業者を選ぶ

業者選びの際にはアフターサービスや保証期間も確認することが重要です。

長期的な保証期間や充実したアフターサービスを提供している業者を選ぶことで、不意のトラブルや故障が発生した際の費用負担を軽減することが可能です。

品質のいい太陽光発電システムを選ぶ

導入する太陽光発電システムの品質にも注意を払いましょう。

初期費用が高くても、品質の高いパネルやインバータを選ぶことで、長期的に見て故障が少なく、メンテナンスコストを抑えることができます。

見積を比較する

太陽光発電のメンテナンス費用は、提供業者により大きく異なる場合があります。

そのため、複数の業者から見積もりを取り比較することは非常に重要です。これにより、費用対効果の高い業者を選ぶことが可能になります。

補助金の活用を検討する

国や地方自治体は、再生可能エネルギーの普及を推進するために、太陽光発電システムの導入補助金を提供している場合があります。これらの補助金はシステムの導入コストを大幅に軽減できるため、活用を検討しましょう。

税制優遇の活用を検討する

太陽光発電システムの導入には、さまざまな税制上の優遇措置があります。固定資産税の軽減や所得税の控除など、これらの措置を上手く活用することで、コストを抑えることが可能です。

まとめ

太陽光発電の維持費・ランニングコストは、定期的な清掃やメンテナンス、パネルの交換や修理、保険費用などから構成され、年間十万円から数十万円程度となります。コストを抑える方法としては、適切なメンテナンスにより故障を予防したり、長期の保証をもつ品質のよいパネルを選ぶことが挙げられるでしょう。これらを踏まえたうえで、太陽光発電の導入を計画することが重要です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
太陽光発電コラム