家庭用太陽光発電・蓄電池をお探しの方に口コミでも評判のおすすめ業者を厳選してご紹介

雪が多い地域で家庭用太陽光発電はメリットがある?

公開日:2021/01/15


雪が多い地域に住んでいるならば取り入れたいものが「家庭用太陽光発電」です。「家庭用太陽光発電」は特に豪雪地帯や災害時などにも役立てられます。また、地域によっては積極的に導入を推奨していることもあるようです。今回の記事ではそんな家庭用太陽光発電の魅力についてみていくため、取り入れたい人はチェックしてみてください。

実は災害時などにも役立ってくる

雪が多いと災害に見舞われることも増えてきます。豪雪のために道路が使えなくなるといったことも多いでしょう。こうした際には灯油なども購入しにいけず困ってしまうこともありますよね。送電線が切れてしまった場合には、暖房が使用できないため豪雪地帯では死活問題となってしまいます。

そんな場合にも家庭用太陽光発電があれば便利に使えることはご存知でしょうか?災害時でも問題なく暮らせるため、災害が多い地域に住んでいる場合には設置を検討してください。近所に一軒は家庭用太陽光発電がある家があると、有事の際にも安心です。

「災害に強い家にしたい」場合は、家庭用太陽光発電を取り入れるとともに、住宅をオール電化にするとよいでしょう。あらかじめ対策を取っておくことで、トラブルが発生した際にも対応しやすくなります。工事費用などはかかりますが、それだけの価値は十分にあるといえるでしょう。何より、エコを重視した家は、今後ますます増えてくるでしょう。

ほかにも、雪によって太陽光が上手く反射して発電量も増える可能性もあります。雪国ならではの恩恵を最大限に活用するためにも、設置角度はじっくりと考えないといけません。ミラーなどを利用すると発電量も増やせるため、業者と相談してじっくりと検討してみてください。雪国だからといって発電量が落ちるといったことはありません。

雪が多い地域に家庭用太陽光発電を設ける際のポイント

家庭用太陽光発電があれば光熱費が浮くだけでなく、エコという観点からいっても魅力的です。特に雪が多い地域は光熱費が高くなることが多いため、家庭用太陽光発電を利用して節約しておくとよいでしょう。家庭用太陽光発電の発電量は気温に左右されません。そのため、寒くても問題なく発電できるため安心できますよ。

雪が多い地域に家庭用太陽光発電を設ける際には、いくつか押さえておきたいポイントもあります。例えば、雪が被らないように設置角度などは工夫しておきたいところです。地上から高いところに設置することで、雪かきなどの手間を少なくすることもできます。

製品によっては独自発熱機能で、周囲の雪を自動で溶かしてくれるものもあるようです。このような家庭用太陽光発電を用いれば、雪国でも問題なく使用できるでしょう。 また、雪国に設置する際には極地向けの家庭用太陽光発電製品を選ぶようにしてください。

製品によっては氷点下に対応していないものもあるため、製品選びの際には気をつけないといけません。特に自分で太陽光パネルなどを購入して設置する際には、慎重にパネルやバッテリーなども選んでおきましょう。 設置したら適切にメンテナンスすることも大事です。仮に雪が積もると発電に影響が生じることもあるため、十分に気をつけないといけません。

より発電量を増やす工夫について知っておく

雪国では日照時間が少なくなりがちです。これはデメリットと言えるかもしれませんが、その分だけ雪による反射などによってより発電量も高まることがあります。大事なことは雪国ならではの特性を活かすことで、 そのためにも設置角度や設置場所を工夫すると良いでしょう。ちょっとした工夫を施すだけで発電量も高まってきます。

ほかにも、電気が余ったら積極的に電気を販売するとよいでしょう。雪国では電気量不足の地域が多く、それだけ電気の需要も高いものです。これは豪雪地帯等では特に顕著なので、これから家庭用太陽光発電を取り入れる際にはチェックしておいてください。

オール電化の住宅にする場合は、効率的な家造りも大事です。断熱材などを変えるだけで必要な電気量も変わるようです。「太陽光パネルを一面に設置したのに必要な電気が確保できない」といった際には、太陽光パネルの質が悪いか断熱が上手くできていないことが理由のことが多い傾向にあります。

まずは断熱などを工夫してみましょう。 最後に、実際に太陽光パネルを取り入れる際には試験的に導入テストなども行ってください。さまざまな手段を試すことで、もっとも発電量が高くなりやすい場所や角度などもわかってきます。こうしたことは手間がかかるものの、数十年単位で見たら実に効果も高いものですからチェックしておいて損はありませんよ。

 

雪国ならではのメリットは多く、ぜひとも雪国でクラスならば家庭用太陽光発電を用いて賢く光熱費などを下げておきたいところです。特に設置場所などは発電量に大きな影響を与えるため、十分に業者とも話し合って決めていくとよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ太陽光発電業者紹介