家庭用太陽光発電・蓄電池をお探しの方に口コミでも評判のおすすめ業者を厳選してご紹介

半導体不足で太陽光の価格が高騰する?メーカーの納期遅延問題とは

公開日:2024/02/15

?

半導体不足の影響で、太陽光価格が急上昇する可能性が浮上しています。この記事では、メーカーの納期遅延問題に焦点を当て、その背景や影響について詳しく探っていきます。太陽光エネルギーへの需要が高まるなか、なぜ納期に遅れが生じるのか、その影響はどのようなものなのか、本文で解説していきます。

太陽光発電の納期遅延問題とは

太陽光発電は、エネルギー効率の高さや環境への負荷の少なさから、世界中でますます注目を浴びています。

しかし、その人気と需要の増加に伴い、太陽光発電システムの納期遅延問題が発生しています。納期遅延問題は、太陽光発電プロジェクトの計画と実施において生じる遅れや遅滞を指します。これから納期遅延の主な要因について解説します。

パンデミックの影響

原因のひとつとして、新型コロナウイルスの流行により供給が停止してしまったというものです。

パネルやパネルを構築する部品を生産する工場で集団感染が発生し、生産に遅れが生じています。また、太陽光発電システムを構成するのに必要な部品や機器は海外製のものがほとんどです。

しかしパンデミックの影響により、海上輸送に使われるコンテナが戻ってこず、コンテナ不足に陥っています。このため、海外製の部品を入手することが難しくなっているのです。

半導体不足の影響

自動車やパソコンなど、ほとんどの電気機器に半導体が使用されています。

しかしAI技術の発展やロボット技術の進歩により、半導体の利用シーンが増え、多様化しました。そのため、需要に対して供給が追いつかず、世界中で半導体不足が起きています。

中国の政策の影響

中国国内の脱炭素目標が達していない」という理由から、中国は目標を達成していない地区の工場の稼働率を下げるよう指示を出しました。

2021年10月頃から始まったこの計画停電で太陽光パネルなどの生産に遅れが生じたようです。

需要の増加

アメリカやヨーロッパなど世界中で太陽光発電が急激に普及しています。

脱炭素の動きが活発化したことや、2022年のロシアによるウクライナ侵攻でエネルギー価格が高騰したことが主な要因と考えられています。天然ガスや石炭などに頼らない再生可能エネルギーを利用する動きにより、需要と生産のバランスが崩れてしまったのです。

半導体不足で太陽光の価格は上がる?

近年、太陽光発電は持続可能なエネルギー源として急速に普及しています。

しかし、最近の半導体不足は、この成長に影響を及ぼす可能性があるという懸念が広がっています。半導体は、太陽光パネルの製造に欠かせない重要な要素です。したがって、半導体不足が続く限り、太陽光の価格上昇のリスクが存在するのです。

半導体不足の主な原因は、需要と供給の間のバランスの崩れです。新型コロナウイルスの流行による需要の増加、太陽光パネルの部品の運搬や生産の中断による供給の減少が重なり合い、市場に大きな影響を与えました。

この半導体不足は、自動車業界や家電業界など他の産業にも広範な影響を及ぼしており、太陽光発電業界も例外ではありません。太陽光パネルの製造には、半導体チップや電子部品が必要です。これらの部品の供給が不足すれば、生産能力が制約され、価格が上昇する可能性があります。

太陽光パネルの設置時期と価格相場を調べよう

太陽光パネルは、家を建てるうえでも魅力的な選択肢となっています。

しかし太陽光パネルの設置を検討している場合、価格相場を把握することは重要です。では、太陽光パネルの設置時期と価格相場をチェックしてみましょう。

設置時期

まず、太陽光パネルの設置時期ですが、一般的には春や夏が最適です。

これは、日照時間が長く、太陽の位置が高いため、パネルの出力が最大限になるからです。冬のような日照時間が短い季節でも発電は可能ですが、効率は低下します。そのため、太陽光パネルの設置を検討する場合は、春や夏に計画することがおすすめです。

価格相場

次に、価格相場についてですが、2022年時点で1kW(キロワット)あたりの太陽光パネルの平均価格は14万5,000円となっています。

住宅用でもっとも多い容量3~5kWの太陽光パネルですが、それをもとに計算した場合、約43万5,000~72万5,000円がかかることになります。ただし、太陽光パネルの価格はさまざまな要素によって左右されます。

たとえば、パネルの種類や品質、設置面積、地域の気候条件などが影響を与えます。また、太陽光パネルを導入するにあたり、単純な価格だけではなく、品質や保証、施工の信頼性も考慮する必要があります。そのため信頼性の高い専門業者に見積もりを依頼することが重要です。

太陽光パネルは低コスト化の傾向にある

近年は、太陽光パネルの価格が下がり続けており、さらに低コスト化が進んでいます。

これは、技術の進歩や需要の増加によるもので、製造コストが減少しているためです。政府も補助金や税制優遇措置を積極的に行い、太陽光パネルの導入を促進しています。

まとめ

需要急増による供給不足や技術変更による影響など、さまざまな原因で太陽光発電の納期遅延問題は深刻化しています。そんな太陽光パネルを導入する際は、設置時期と価格相場を調べることが大切です。これらの情報はコスト効率を向上させ、スムーズな導入に役立つでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
太陽光発電コラム