家庭用太陽光発電・蓄電池をお探しの方に口コミでも評判のおすすめ業者を厳選してご紹介

変換効率がカギ!?効率よく電気を生み出す方法とは?

公開日:2019/09/15

変換効率とは、太陽光パネルの性能を測るものさしになる数値です。設備投資費用を回収して利益を上げるためにも、太陽光の変換効率は避けては通れないものです。

こちらの記事では太陽光における変換効率の意味や、正しいパネルの選び方について紹介しています。検討中の方が参考にしやすい情報ですので、ぜひ最後までお付き合いください。

太陽光の変換効率とは?

太陽光について調べていると目にする変換効率という言葉。これは一体何を意味しているのでしょうか?変換効率とは、光エネルギーを電気エネルギーへ変換する効率のことを意味しています。

光エネルギーを電気エネルギーへ変換する=発電という意味ですから、発電効率と呼ばれることも。太陽光の製品の性能を比べる時にはどれだけ効率よく電気を生み出せるかという指標として重視されています。

単結晶シリコンの製品が上位

太陽光に使用されている素材には、シリコン系や有機系、化合物系など色々な種類が存在しています。その中でも、最も変換効率が良くなっているのは結晶シリコンという素材です。

結晶シリコンを用いた太陽光パネルは単結晶シリコンパネルと呼ばれていて、効率良く電気を生み出せるので家庭用太陽光に使用されるシーンも多くなっています。住宅の屋根にパネルを設置する場合、限られた面積の中で発電量を上げていくには発電効率を向上させるしか手段がないからです。

変換効率から考える太陽光パネルの選び方

定義を理解したら、次は変換効率を考慮した上で太陽光の製品をどうやって選べばいいのかについて解説します。

・メーカーの公開している測定値だけで決めるのは危険
太陽光パネルは、シャープやパナソニックなど日本の大手電機会社をはじめとして様々なメーカーが製造しています。それぞれのメーカーは製品の測定値を公開していますが、それだけを比較して決めるのは早いです。

なぜなら、実際の現場での発電効率は様々な外的環境によって変わってくるからです。例えば、気温や雨、雪など様々な影響により太陽光の変換効率は違ってきます。一般的に太陽光パネルは気温が高くなればなるほど効率は悪くなります。

国際的な規格として、25度の環境下で測定した値をメーカーは公開することになっています。しかし、実際の現場では外気温が25度に保たれるはずはないですよね。特に日本の夏は暑いので、30度近い気温になることもあります。

・設置業者のシミュレーションを参考にしよう
それではどうやって実際の現場の変換効率を予測すればいいのか。それは、家庭用太陽光の設置業者が実施するシミュレーションを参考にするのがおすすめです。

家庭用太陽光を設置する業者は、それぞれの住宅が置かれている環境を考慮して発電シミュレーションを行います。現場状況を知り尽くしている業者であればあるほど、正確なシミュレーションを提供してくれることでしょう。

そのため太陽光パネルは「家電はいつもこのメーカーで買っているから、同じメーカーにしよう」などの基準で選ぶのではなく、設置業者から提供されたシミュレーションをもとに決めることが大切です。

・ただ安いだけのパネルを選んではいけない
100万円以上の設置費用がかかる家庭用太陽光。少しでも初期費用を抑えることは大切ですが、だからといってただ安いだけの太陽光パネルを選んではいけません。

なぜなら、太陽光パネルは金額と性能が比例しているから。製品の性能は変換効率がカギとなりますから、とにかく安い製品を選ぶと変換効率が極端に悪いケースもあるので注意。

変換効率の違いにより製品の容量は変わってくるのですが、家庭用の場合は容量が2.5kWよりも小さくなると初期投資費用を回収するのが苦しくなってきます。ですから、容量が2.5kWが最低基準となるように変換効率をチェックすることが大切です。

正確なシミュレーションを見たいなら施工実績が豊富な業者を

最後に、太陽光パネルを導入する時に最も重要なことをお伝えします。それは、施工実績が豊富で信頼できる家庭用太陽の設置業者を選ぶことです。

各業者はあなたの住宅での発電計画をシミュレーションしてくれるはずですが、そのシミュレーションが現実離れしたものであれば意味がありません。だからこそ、正確なシミュレーションが必要なのです。

先述したように、正確なシミュレーションは豊富な施工実績の上に成り立つものです。そのため、豊富な施工実績を持った業者にパネル選びを相談するのが最も確実だということなのです。

 

今回の記事では、太陽光における変換効率の詳細について解説しました。太陽光の性能を測る上で変換効率は欠かせないもの。しかし、変換効率を比較する際はメーカーが公開している数値ではなく設置業者が実施したシミュレーションで比較することが必要です。

失敗しない太陽光パネル選びは、正確なシミュレーションから始まります。ぜひ皆さまも経験豊富な設置業者を選び、ご自宅に合った太陽光計画を立ててみてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ太陽光発電業者紹介