家庭用太陽光発電・蓄電池をお探しの方に口コミでも評判のおすすめ業者を厳選してご紹介

田舎の土地活用なら太陽光?土地を有効活用して収益もゲット

公開日:2019/10/01



「親族から田舎の膨大な土地を相続したけど、使い道がない…」「毎年の固定資産税だけが無駄な出費になっている」そんなことはありませんか?もし田舎に大きな土地が眠っているのであれば、太陽光発電という投資法はいかがでしょうか。

こちらの記事では、土地活用に有効な太陽光発電の仕組みを徹底的に解説しています。

不動産や駐車場より儲かる?太陽光で田舎を土地活用

田舎に眠っている土地がある場合、太陽光で土地を活用するという選択肢があります。なぜ太陽光が適しているのかには理由があり、詳しくは以下をご覧ください。
・不動産や駐車場のように収入が不安定にならない
・現在ならFIT制度を利用可能
・メンテナンスは業者に全て任せられる
土地活用の手段として代表的なものには不動産投資や駐車場投資などが挙げられますが、正直なところ田舎ではそこまで大きな需要は期待できませんよね。不動産であれば空室リスクが伴いますし、人が少なければ大規模な駐車場を用意しても意味がありません。

一方、太陽光発電であれば照りつける日差しさえあれば安定的な収入を得ることが可能です。これこそが、田舎の土地活用には太陽光が向いていると言われる最大の理由です。

太陽光発電のメリット

次に、太陽光発電のメリットを紹介します。

・手間も不安もかからない
太陽光投資の1番のメリットは、手間も不安もかからないこと。具体的に言えば、メンテナンスは専門業者へ一括で任せることになります。さらに、先述の通り不動産投資のように空室リスクがないので、精神的にも非常にラクです。

・収入が地価に影響されない
次に紹介するメリットはこちら。土地を売りたい場合、地価によって金額が大きく変動してしまいます。しかし、太陽光発電で得られる収入には土地の地価は全く関係ありません。重要なのは日当たりの良さです。発電量が多ければ収入は増えますし、日当たりの悪い場所ならそれほど莫大な収益は期待できません。

・ランニングコストはほとんどかからない
太陽光発電のメリットとして、ランニングコストがほとんどかからない点が挙げられます。つまり、初期投資さえ終えてしまえば、あとはその費用を回収していくだけ。

ただし注意したいのは、ランニングコストの少ない太陽光発電とはいえ完全にメンテナンスフリーではないポイントです。あくまでマンション経営などと比較するとランニングコストが少ないということ。

例えば、マンション経営であればマンションを管理・清掃するためにかなりの費用が必要になります。また、室内や公共部分に何らかの損傷があればそれを修理しなければなりません。一方、太陽光発電で必要になる主なランニングコストは以下のものだけ。
・点検や管理などメンテナンス費用
・10年に1度のパワーコンディショナの交換
・各種税金
太陽光発電のランニングコストとして最も大きいのは、10年に1度交換するパワーコンディショナです。パワーコンディショナは太陽光パネルの周辺機器の1つであり、10〜15年程度で寿命を迎えるため、交換しなければ発電効率が落ちてしまいます。

また、現場の点検や管理は業者へ一括して任せることになるので、その費用も必要ですね。ちなみに、太陽光発電を運用する際は雑草の処理が最も重要です。背の高い雑草が伸びて太陽光パネルに影ができてしまうと、発電量は激減してしまいます。

さらに、うまく発電できないことで発火などのトラブルに発展する恐れも。そのため、「点検とメンテナンスを全く実施しない」という選択肢はありません。

田舎の土地へ太陽光発電を導入する流れ

「太陽光投資に使いたくても全く手入れをしていない…」というそこのあなた。ご安心ください。太陽光発電の運用をサポートしている業者は手入れしていない土地の相談にも乗ってくれます。それでは、田舎の土地で太陽光発電の運用をスタートするまでの流れを見てみましょう。
1.業者選び
2.打ち合わせ
3.契約
4.設置工事
5.送電開始
いかがでしょうか。太陽光発電の運用をスタートするための流れは非常にシンプルです。自分で何か手続きや現場管理をすることはほとんどなく、業者に任せておけば運用をスタートできます。

ただし、導入から運用までを完全に業者に任せるからこそ、下手な業者を選んでしまうと大変。中には悪質なところもあり、高額な初期費用をだまし取ろうとしてきます。
田舎の土地活用として太陽光発電を行う場合、失敗しないためには経験豊富な信頼できる業者を選ぶことが大切です。

 

今回の記事では、田舎の土地活用として太陽光発電をおすすめする理由を紹介しました。太陽光発電は、不動産や駐車場のようなリスクの少ない投資法として人気を集めています。

もしあなたが田舎に眠っている土地をお持ちでしたら、ぜひ太陽光発電を検討してみてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ太陽光発電業者紹介