家庭用太陽光発電・蓄電池をお探しの方に口コミでも評判のおすすめ業者を厳選してご紹介

家庭用太陽光でも売電で儲けることはできるの?できないの?

公開日:2019/10/01



家庭用太陽光について調べていると、「儲からないからやめた方がいい」という口コミを目にすることもあります。しかし、本当に儲からないのでしょうか

こちらの記事では、「自宅にパネルを設置して利益は上がるのか」「利益を上げるためにはどうすればいいのか」について紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

家庭用太陽光が儲からないと言われる理由

自宅の屋根にパネルを設置するかどうかで悩む時、「儲かるのか、儲からないのか」は非常に気になるポイントです。周りの人に太陽光についてどう思うか?と尋ねると、ほとんどの方は「儲からない」と答えるのではないでしょうか。

現在、世間には「太陽光は儲からない」というイメージが浸透しています。なぜこのようなイメージが浸透しているかというと、年を追うごとに発電した電気の買取価格が下がっているからです。

政府により固定価格での買取が定められた当初、1kWhの単価は40円以上という高単価に設定されていました。しかし、2019年現在ではその半額の20円代にまで価格が低下しています。

これこそ、現在からソーラーパネルを導入すると儲からないと言われている理由です。しかし、本当にそうなのでしょうか?

2019年現在は儲かるのか

電気の買取価格が低下している昨今、これから導入しても儲かるのでしょうか?その答えはYes、つまり儲かります

買取価格が低下してきた要因には様々なものがありますが、その1つとして技術の進歩による導入コストの低下が挙げられます。過去には高額な初期投資が必要であったソーラーパネルも、最近では技術の進歩により投資費用が少なく済むようになりました。

初期投資が少なく済むということは、電気の価格が下がっても十分に利益を出すことは可能だということです。ただし、業者に言われるがまま無計画にパネルを設置しても、思うように収益が上がらない結果に終わる可能性は高いです。

つまり、利益を上げようと考えるのであれば、初期費用と将来的な利益のバランスを十分にシミュレーションしてから導入することが大切です。

利益を出すための方法

これから太陽光をスタートして利益を出すために最も重要なのは、パネルを設置する業者選びです。パネルの設置業者はたくさん存在していますが、どこで設置しても同じとは限りません。

むしろ、設置する業者によって将来の利益が変わってくると言っても過言ではありません。それではどんな業者を選べばいいのか、それは「施工実績と経験が豊富な業者」です。

太陽光のサービスを提供する業者の中には、最近事業に参入してきたところも多いです。そういった新しい業者は、営業マンこそ熱心であるものの技術やサポート力が欠如している場合もあります。

ソーラーパネルはメンテナンスフリーだと言われますが、実際には全く手入れをしなくても言いわけではありません。なんらかの原因でトラブルが発生したら、業者にお願いして点検や修理をしてもらう必要があります。

そんな時、新しい業者だとトラブル対応に不慣れなため、手厚いサポートを受けられない可能性があります。一方、施工実績が豊富な業者であれば様々なトラブルに対応してきた経験があるので、万が一問題が発生した時にも迅速かつ的確な対応を受けられます。

雨漏りと火災のリスクを考慮

最後に、家庭用太陽光の導入に伴うリスクについて紹介します。太陽光自体にも投資的な側面でいくつかのリスクはありますが、家庭用の場合は安全性の面でも多少のリスクが存在しています。

住宅の屋根にパネルを設置する場合、大別すると2種類の設置方法があります。1つ目は屋根一体型で、2つ目が屋根置き型です。新築時からパネルの導入が決まっているのであれば、屋根一体型を選ぶことが可能です。ただし、すでに完成している住宅の場合は屋根ごと交換するわけにもいかないので、屋根置き型を選ぶことしかできません。

屋根置き型のパネルは、屋根に穴を開けて設置する必要があるので、雨漏りのリスクが伴います。もちろん開けた穴の周囲にはコーキングなどで防水処理を施しますが、穴が開いていない時と比べると多少リスクは大きくなってしまいます。

また、過去にはパネルのトラブルが原因で火災が発生した事例もあります。この火災は非常に稀なケースですが、リスクはゼロではない点を覚えておく必要があります。

このリスクを少しでも回避したいのであれば、やはり施工実績が豊富な業者へ依頼することが大切です。経験の少ない業者だと雨漏りや火災を防ぐためのノウハウが確立していないケースもあるからです。

 

今回の記事では、家庭用太陽光で本当に利益を挙げられるのかという内容を紹介しました。電気の買取価格が下がっている現代では、パネルの導入コストも小さくなっているので、きちんと計画を立てれば利益を出すことは可能です。

ただし、家庭用太陽光を設置することには雨漏りや火災のリスクもわずかながら存在しているので、そのリスクを回避するためにも施工実績豊富な業者を選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ太陽光発電業者紹介